読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくじょう日記

てらお牧場に起こる出来事を書きつらねていきます。

latexの論文をgithub的に書く

投稿論文を準備するため、latexの論文をgithubに載せて書く練習をする。 これでどこに行っても論文のソースの特定のバージョンがダウンロードできるようになる(といいのだけれど)。

githubには一応privateリポジトリを置けるようにしている(有料)。 投稿できたらその時点でpublicリポジトリに移す方向で検討。 ファイルはまずはREADME.mdと論文本体(submit.tex)。 ここに画像ファイルが追加されていくことになる。

githubリポジトリを新たに追加。 private属性にしておく。 出来たリポジトリに作成中の論文をアップロード(push)する。 一応作法としてREADME.mdをつくっておく。 内容は論文のプロジェクト名のみ。 ディレクトリでリポジトリを初期化する。

$ git injit

ファイルを登録する。

$ git add README.md
$ git add submit.tex

初期りビジョンをつくる(commitする)。

$ git commit -m "first commit"

githubで追加しておいたリモートリポジトリをoriginという識別子で登録する。

$ git remote add origin https://github.com/username/repositoryname.git

そこへリポジトリをプッシュする。

$ git push -u origin master

別のマシンからバージョンを取得する場合は、

$ git clone https://github.com/username/repositoryname.git

とすればよい。フォルダが作成されて、その中がリポジトリになっている。